熱帯魚飼育について詳しく解説! 熱帯魚の飼育方法。

熱帯魚の飼育方法

熱帯魚の飼育方法HOME 熱帯魚を買う 熱帯魚を飼うための準備 熱帯魚を飼う

必要な物を準備しておく

準備するもの

熱帯魚を飼育する上で、準備する必要があるものを下記にまとめてみました。

水槽 ガラス・アクリル・プラスチック製のものなどがあります。
魚・水草の数に応じた大きさを選ぶ事が大切です。
蛍光灯 魚の飛び出しや、蛍光灯などに水がかかるのを防止します。
底砂 最近は、あらかじめ水草に必要な栄養素を含んだ底砂もあります。
水温計 アルコール式、液晶式があります。水槽内の温度が一定に保たれているかをチェックできます。
設置台 水槽の重み・大きさにあったものを使用しましょう。(60センチ水槽で水を入れると重さ約80kgにまでなります。)
水替えの際に利用したり、病気になった魚を隔離するために利用します。
ヒーター 水槽内の温度管理に使用します。以前は別々だったが、最近では、ヒーター管の中にサーモスタットを内蔵したタイプのものが主流です。
ろ過器 魚の出す有機成分を分解するバクテリアの住みかとなります。水槽の上部に取り付ける上部式と底面にセットする底面式、水槽のキャビネットの中などに設置する外部式などがあります。
水質調整剤 水道水を熱帯魚に適した水にするために使用します。例えば、塩素を中和するカルキ抜き剤などがあって、熱帯魚飼育には必須です。
バックスクリーン 水槽の裏面に貼り付けて使用します。
魚を落ち着かせたり、水槽裏面から光が入るのを防いでくれます。
その他 必要に応じて、水槽内のアクセサリー、産卵ケースなどを用意しましょう。

もうひとつ熱帯魚を飼うために重要なものに餌があります。
当サイトにも「餌は各社から様々なものが出ており、どれにして良いか悩んでしまいます」というご質問をよくいただきます。

餌にはたくさんの種類がありますが、基本的に各社の一番安い餌(標準タイプ)でOKです。

しかし、@小型カラシン用 Aプレコなどの底床魚用 Bグッピーやディスカス・アロアナなど魚の名前を特定した専用の餌があります。

その熱帯魚の特徴(グッピーの場合、立派な尾びれや体表の発色など)をより引き出すために必要な栄養素をより多く配合しているので、使ってみても損はないと思います。

recommend

プロテオグリカンを使う
http://www.rakuten.ne.jp/gold/e-peace/
下関 美容室
http://masquerade.biz/
表札
http://homeplate.jp/
エコ洗剤の販売
http://www.rakuten.ne.jp/gold/sentakubiyori/
gettys
http://www.swiss-optic.com/
Copyright(c) 熱帯魚の飼育方法.All rights reserved.